【英国老舗ブランドJohnstons(ジョンストンズ)マフラー】カシミアマフラーの特徴とメリットについて

マフラーを使う時期とメリット

冬。期間としては12月から3月の初旬ぐらいまでを指すだろうか。最高気温で言うと10度を切ってくるあたり。このぐらいの気温になるとアウターを羽織り、保温性のあるインナーやニット製品などの冬物で着こなしをしていく様になる。

ニット(セーター)の選び方について

【ニットの着こなしと選び方】3つの基準から考えるマイセーターの絞り込み
ニットとは? knit(ニット)とは? 編み物(あみもの、編物とも表記)とは、糸、特に毛糸や綿糸を編んで作った布...

アウターにお金をかけるべきか?

【アウターにお金をかけるべきか?】アウターを選ぶ基準と価格の重要性について
アウターウェアの選び方 アウターウェア(アウター)とは? アウターウェア(英: outerwear)は、コー...

そんな冬の必需品のひとつがマフラー。

もちろん使わないという方もいるだろう。しかし冬のマフラーは便利。デザインや巻き方によって着こなしのポイントになるのももちろんだがそれだけではない。

大きく見て以下の2点。

保温効果→ マフラーの保温効果は衣服一枚分に該当する。これは裏を返すと重ね着を一枚減らせるという事。無用な重ね着は着膨れを招いたり必要のないデザインを加えてしまうことがある。小さな事に感じるかもしれないが一枚分の保温性能。これは大きい。必要な枚数だけを使いマフラーで上手く調節する事ができる。

着脱が容易→ 冬にとても困るのが暑すぎる暖房。ひとたび店に入ればアウターを脱ぎたくなる事もしばしば。そういった際にマフラー着用している場合はただ外すだけで調整が容易に行える。

ジョンストンズのカシミヤマフラー

このように見た目以外のメリットも多いマフラー。

Johnstons(ジョンストンズ)カシミヤマフラーを選んだ理由

自分が使用しているのは英国の老舗ニットブランドであるJohnstons(ジョンストンズ)のマフラー。

カシミヤ素材のものをセレクトし数年前から愛用している。

ジョンストンズのカシミヤマフラー

カシミヤは一般的に高級素材と言われている。しかし希少で高級素材だからカシミヤを選んだ訳ではない。

ウールではなくカシミヤのマフラーを選んだ理由→ ウールと比較すると軽くて保温性が高い。一枚で暖かければ真冬の寒い時期に他の衣類と枚数調整がしやすくなる。見た目からいえばカシミヤの柔らかな風合いと独特の艶は着こなしの主張として使う事ができる。

カシミアは高価であるし何かの拍子に汚してしまってはショックも大きい。扱いが気になって服を楽しめないのは残念な気がする。そこでカシミヤマフラーの登場。マフラーとしての使用であればメンテナンスも含め取り回しが効く。その為高級素材であるカシミアでも比較的使いやすい。

見解をまとめるとカシミヤをアウターやトップスで使うには個人的にはオーバースペックだがマフラーでの使用であれば最大限に使う事ができる。

以上からウールではなくカシミア素材のマフラーをセレクトした。

そのカシミヤマフラーの中で検討をした結果、たどり着いたのが英国老舗ブランドであるジョンストンズ。

出典:johnstons

Johnstons(ジョンストンズ)について

出典:johnstons

1797年スコットランドのエルガンにて創業で200年以上もの歴史を持ち、原毛に始まり紡績からニッティングまでを一貫して行う英国でも希少なメーカー。

カシミアやメリノウール、キャメルヘアーやビキューナ等の素材を使った高級ニット製品を作り続けている老舗。「最高のもののみが全て」この経営理念は現在まで受け継がれ エルガンとホーイック工場の熟練スタッフにより徹底した品質は守り続けられている。

見て触れれば分かる高品質。写真でも柔らかい風合いは伝わるだろうか?軽く艶やか。毛足が長く空気を多く含ませる事ができるカシミヤ。だから暖かい。

カシミヤは丈夫な素材では無いし扱い自体はデリケート。しかし独特の風合いは他には変えられない魅力である。

Johnstons(ジョンストンズ)のタグ(シーズンごとに変わる為現行のものと異なる)

数年前に購入し適度に手入れはしているもののそこまでヘタっていない所も良い。素材が素材だけに無意識に大事に扱っているのかもしれない。

マフラーは擦れよじれ時には雨雪にもさらされる。それでも使う事に意味はあるし今後も最大限メンテナンスをして使い倒していきたい。

カシミヤマフラーの着こなし

カシミヤマフラーの着こなしについて。

「何でも合う」ある種投げっぱなしであまり好きな言葉ではないのだがマフラーに至ってはこれに近い。

どちらかというと使えない(合わない)組み合わせを考えていった方が近道なのではないだろうか。例えばマフラーが無くともデザインが足りている服(アウター)。フードがついていたりボア付き、襟の主張が強いなど。

出典:wear

キャップやメガネなどデザインや装飾を他の服で使っている場合。

出典:magazine.campus-web

確かに防寒という観点であればマフラーを巻けば暖かい。しかし、着こなしとなるとただあちこち重ねてしまうのでは主張が過ぎる。この辺りに注意し着こなしていく。

一枚で暖かいカシミヤ。それだけにすっきりとシンプルに見せていきたい。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!