【Hanes(ヘインズ)白Tシャツ】赤ラベルパックTの特徴とおすすめ理由

Hanes(ヘインズ)について

Hanes(ヘインズ)。

1901年のアメリカにてPHヘインズとその弟によってその歴史は始まる。現在に至るまで多くの人々に愛されている偉大なブランド。

出典:hanes.jp

もともと肌着のメーカーであり普段着としてのTシャツが市民権を得る過程もしっかり共に歩んできた老舗。

もはや定番を通り越し無意識に着ている人すらいるだろう。手に取ったらヘインズだった。それほどあたりまえに生活に密着し普及しているブランド。

そしてヘインズといえばやはりTシャツ。今回はそのTシャツと代表モデルについて。

ヘインズのTシャツと種類

ヘインズには多くの種類の無地Tシャツがあり、それぞれ特徴が違う。

代表的なものとしては3pack-Tシャツ。

ヘインズのパックTの種類

赤、青、金に色分けされたパックTのシリーズで名前のとおり3枚ひと組みでパック詰めされたTシャツ。

3枚入りのヘインズパックT

それっぽいロゴとそこにただ畳んで入れられた白いTシャツ。

ひらたい表現をすると実にアメリカン。こういった雰囲気にワクワクする人も多いと思う。

赤ラベルのHanes

まずは各種パックTについて見ていこう。

● 赤パック→ 綿(コットン)100パーセントで最もスタンダードな一枚。詳しくは後述する。

● 青パック→ コットンとポリエステルの混紡。化繊を入れる事により速乾性にすぐれサラサラとした肌触りと洗濯、乾燥による縮みが少ない。サイズは赤パックと同じで使い勝手を優先している印象。

金パック→ コットン100パーセント。縦糸と横糸に異なる太さのものを使用し質感に変化を与えているタイプ表面が凸凹している。ザラ感が好みであればこれだろう。

共通の仕様としては転熱写による襟元にタグがないつくり。胴体わきに縫い目のない丸胴もすべてに共通。

3pack-Tの中では赤パック<青パック<金パックの順番でゴールドパックが最もが高価になる。とはいっても十分安いのはご承知のところ。

サイズ展開は各部寸法も含め3色パックは全て同じ。

ヘインズ赤・青・金パックT 共通サイズ表
XS:身丈64・身幅43・袖丈19・肩幅38

S:身丈67・身幅46・袖丈19.5・肩幅41
M:身丈72.5・身幅49・袖丈20・肩幅44
L:身丈76・身幅52・袖丈20.5・肩幅47
XL:身丈80・身幅56・袖丈21・肩幅51
 
 

● ビーフィー(BEEFY-T)→コットン100% で厚手。ボックスシルエットで身幅はゆったり着丈は短め。一枚で着るのが目的であればコレ一択という支持者もいる。

同サイズで比較してみよう。

ヘインズジャパンフィットとBEEFYのサイズ比較(Mサイズ)
ジャパンフィット(Japan Fit):身丈66・身幅48・袖丈18・肩幅43

ビーフィー(BEEFY-T):身丈68・身幅51・袖丈21・肩幅47

 

タイトぎみで万能なジャパンフィット 。

ゆったりフィットで肉厚なビーフィといった所だろう。

このように3色パックとも細かく仕様は異なる。

赤パックTの特徴

そんな中自分が愛用しているのは赤ラベル。最もスタンダードなタイプ。

ヘインズパックT赤ラベルの特徴

薄いTシャツは色気がある

まずは特徴から。

綿100%→ コットン100パーセントの場合ゴワゴワと着心地がわるいものも多いのだがこれに限ってはかなりサラっとした触感。

厚さが影響しているのだろう。洗いをかけるにしたがってその質感も自分仕様に変化していく。

天然繊維や革製品がお好きな方はよく知っている経年変化というやつだ。あえてここでは劣化とは言わない。味(アジ)だ。

Tシャツの厚さの比較

薄手→ よくもわるくもこの赤ラベルの特徴。

薄手には耐久力も含め良くないイメージもつきまとう。しかしこの薄さ、個人的には肯定的にとらえている。

着ていても肌に近いというかサラサラしていて負荷がない感じ。レイヤードの際ゴワつかない。

厚手のタイプは丈夫な所、透けない所に安心を覚えるがどこかスポーティすぎる。赤パックのように薄手のものにはどこか色気を感じる。アクティブすぎないというか絶妙な加減。

平均的なリブ→ 首元のリブはTシャツの印象を左右する。3色パックTのモデルは実寸で約2センチ。太くも細くもない。太いとラフに感じるし細すぎるとドレッシーというか肌着っく映る。普通なのも個性。

Tシャツのリブの太さ

ピュアホワイト→ 細かいかもしれないが同じ白でもそのシャツによって色みが全く違う。このパックTは白みがつよい。綺麗な白でピュアホワイトにあたる。黄みがつよい(生成りに近い)タイプも多いなかこれは貴重。

幅広ボディ・長めの着丈→ こう書くとただ単に大きいサイジングかと思う人もいるかと思うがそこまで単純でもない。

買ってすぐに着てみるとわかるが襟元や肩はそれほど大きくはない。身幅と着丈はゆったり。

一枚で着る場合このままだと少し胴長にみえるぐらいのバランスである。

洗う前の赤パックT

赤パックT洗う前の状態

しかし洗って乾燥させるとこのかたちは激変する。そうこのTシャツ、実は洗わないと始まらない。

赤パックと縮み

この赤パックTは洗う事で大きく縮む。乾燥機にかければさらに。

自分が知っている限りTシャツの中で最も縮むかと思われる。

普段UNIQLOのスーピマコットンTもメインで使っておりこれもなかなかに縮むのだが赤ラベルはそれ以上。

UNIQLOスーピマTについてはこちら

【スーピマTの特徴】ユニクロのスーピマコットンクルーネックTシャツについて
スーピマコットンクルーネックTシャツ。 そう皆さんご存知UNIQLO(ユニクロ)で売っているあのTシャツ。 「今...

洗濯機に放り込み通常通り洗う→乾燥機。その後の状態を早速見ていこう。

最初に着画から。

乾燥機で縮むTシャツ

結構縮んでいる?生地がつまったせいか厚く見える気もする。実際はどうだろう。

わかりやすくする為未洗い品と平置きし比較した。

ヘインズTシャツの縮み

正直、最初に重ねてみた際に目を疑った。同じMサイズ。未洗いとここまで違いがでるとは。ワンサイズ分は軽く縮んでいるだろう。

各部の縮み

肩幅の縮み

肩幅44→39センチ。

身幅の縮み

身幅49→44.5センチ。

着丈の縮み

身丈72.5→62センチ。

なんと身丈は10センチも縮んでいる。もちろん個体差と洗濯、乾燥の環境によって数センチも違いはでるだろうがそれにしても実によく縮む。

皆さまお持ちのTシャツ(特に綿100%のもの)も実は縮んでいるかもしれない。

Tシャツのクタリと経年変化

しかし、この赤パックはこれでようやく着始める事ができる。

洗いをかけ縮ませることによって綿100%の生地は詰まりそれと同時に肌触りは柔らかく心地よいものになった。

首はまだつまっていてかたちも直線的。全体的にギュッと絞られた状態。これを着ていく事によって身体に沿い、伸びる所はのび、着用者仕様に表情を変えていく。

クタリと経年変化がもたらす格好よさ。

赤パックをおすすめする理由はここにある。

自分のかたちをつくるTシャツ。赤ラベルのスタンダードを着る。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!