【セントジェームスのウエッソン】saint james ouessant 歴史と特徴

ボーダーシャツの定番

ボーダーカットソー。

男女年齢問わず支持される定番トップスのひとつ。

ボーダーの着こなしについて

【ボーダーの着こなし】縞(しま)柄カットソーのコーディネートについて
ボーダーのカットソー ボーダー:縁を意味する。上着であればラインや帯状に縁を強調した柄のことを指す。 よく使われ...

そんなボーダーシャツのブランドといえば?

この質問にセントジェームス(saint james)の名前を挙げる人も多いだろう。

ブランドを代表するバスクシャツは老若男女、時代を越えて今も愛されている。

セントジェームスの歴史

セントジェームス(saint james)→1889年フランス北部ノルマンディーで始まった。今では定番となったカットソーは当時の漁師や船員が作業着として着ていたもの。

セントジェームスの歴史

ロゴはセントジェームス本社近郊にあるモンサンミッシェル(世界遺産)がモチーフとなっている。

バスクシャツと言われるのは16世紀までさかのぼり、スペインに近いバスク地方の漁師が原型となるセーターを愛用していたから。

カットソーひとつとっても意味があり歴史がある。

それが人の支持をまとい重みを生む。

だから今までの長い時間愛され続けているのだ。

ボーダーシャツの縞(しま)と短い袖の意味

ではこのバスクシャツ。

なぜボーダー(縞・しま)柄なのだろうか?

【セントジェームスのウエッソン】saint james ouessant 着用レビュー

ボーダーの縞は視界の悪い船上でも見分けがつき船乗りが誤って転落しても見つけやすくする為のもの。

ただのかわいい「シマシマ」ではなかったのだ。

機能的にデザインされた結果がこのボーダー。

そして腕を通せば分かる袖の短さ

これはなにもデザインがわるくてこうなっている訳ではない。

作業を行う船員たちが邪魔にならないように元から短かく仕上げられている。

この機能美溢れるディテールがクセを生みお洒落に映る。

セントジェームスのカットソーとウエッソン

セントジェームスには様々な種類のカットソーがある。

中でも代表的なのは今回見ていくウエッソン。

そしてよく比較されるのがナバル。

ウエッソンとナバルの違い

あのパブロ・ピカソがナバルを愛用していたというのは有名な話。

ウエッソンとの大きな違いは見てすぐにわかるパネルボーダー。肩口と胸もとが無地の仕様となっている。

番手の細い糸を使用しやや薄手なところも特徴。

部分的なボーダー使いがアクセントとなりフレンチカジュアルを思わせるかわいらしい印象。

上品に着こなしたいデザインのナバル。

ウエッソンの特徴

ではウエッソンの特徴について見ていこう。

素材の厚さ→ 太番手の糸を使用し非常に厚手。

確かに触ってみるとザラ感が気持ち良い。

頑丈で実用的な素材は何度も繰り返し洗うことでデニムのように縮み、風合いは増して身体に馴染んでいく。

経年変化も楽しみながら愛用できるだろう。

袖丈→ 一般的なカットソーやロンTより短い9分丈。

前述した通り作業時の実用性を考えこの丈感になっている。

おしゃれの視点から見てもバランスは絶妙。実にすっきりして見える

ボートネック→ 船の底のような開きのネック。

首は長く、鎖骨が見え、肩をすっきりと直線的に見せることができる。機能的には脱ぎ着がしやすいのもボートネックの特徴。

ネックライン(クルーネックとVネック)について

【クルーネックとVネックの違い】どちらが良い?ネックスタイルについて
クルーネックとVネック クルーネック→ 丸首のネックライン。 クルーとは「船の乗組員」という意味で、もともとその船員(...

このように定番のウエッソンは一見シンプルなボーダーシャツだが実際は特徴的なディテールをもち十分にクセがある。

ウエッソンのサイズ感

ウエッソンを選ぶのにあたりサイズ選びは慎重にいきたい所。

サイズの表記はT0からT6まであり数字が大きいほどビッグサイズとなる。

サイズ目安(実際はユニセックスのため区別はない)

T0:レディースXS

T1:レディースS

T2:レディースM

T3:メンズS・レディースL

T4:メンズM

T5:メンズL

T6:メンズXL

身長169、体重55の自分は普段SからMサイズのトップスを着用することが多い。

ウエッソンにおいては後述する縮みも考慮しT4を選択。実はT3も所有していたのだが1サイズ分は優に縮んでしまい手放した経緯がある。

好みもあるがタイトに着たいのであればT3。標準から少しゆったり着たいのであればT4で着こなしたい。

ウエッソンは縮みに注意

そうセントジェームスのウエッソンはとにかく縮む。

厚手のザクザクした生地がそうさせるのだろう。

T3を縮ませた際の数字があるのでここに記載する。

セントジェームスのサイズ表→ 肩幅45・胸囲43・袖丈52・着丈64

洗濯数回(乾燥機含む)→  肩幅43・胸囲43・袖丈49.5・着丈60

以上のようにかなり縮む。おそらく乾燥機もしっかりかけているので縮みきった状態でこのサイズだ。

特に差が出ているのは着丈。4センチ縮んでいるため購入する際は注意して選ぶ必要があるだろう。胸囲が変わらなかったのは以外だが横にかんしてはそこまで大きい縮みでない模様。

いずれにせよ個体差もある為神経質になりすぎるのはよくないと言える。

洗って着てを繰り返しカラダに馴染んでいく。

なんとも愉しいものだ。

以上のようにウエッソンはデザインやサイズ感にもクセがある定番。

そこが面白い。

そんな定番、ウエッソンを着こなそう。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!