【ジーンズの色落ちに意味はあるか?】1000時間目 アーペーセー プチスタンダードデニム(a.p.c petitstanderd denim)

デニムの色落ちは素晴らしい。

そう思ってジーンズを穿いている。

ジーンズの色落ちは格好良い

ジーンズの色落ちに意味はあるか?

しかし、人によっては色落ちを劣化だと考え「汚い」「ボロボロ」等ネガティブな印象でとらえたりジーンズ自体がカジュアルすぎるという事で敬遠する人もいる。

本当は難しいジーンズの着こなし

【デニムは何にでも合う?】本当は難しいジーンズの着こなしについて
デニムは何にでも合う? 「デニム(ジーンズ)は何にでも合う」 よく使われているフレーズ。 お洒落をするにあたりジー...

しかし、そんな否定的な意見があったとしてもジーンズがジーンズたる所以は色落ちをする事。

ではそのジーンズの色落ちにはどんな意味がこめられているのだろう?

今回は「ジーンズの色落ちに意味はあるのか?」について、自身のa.p.cジーンズの進捗もふまえながら考えていきたい。

経年変化とデニムの色落ち

「経年変化は美しい」

天然素材を中心に、例えば革(レザー)や綿(コットン)を使い込んでいくうち進んでいく変化とそれに伴うアジ。

これが経年変化であり、中でもデニムはその経年変化が美しいとされる代表格。

色落ちこそがデニム(ジーンズ)の象徴

デニム地は、穿き込んで生地が擦れる事、洗いにより色が落ちていくことで変化をみせる。

着用環境の違いが如実に現れ、穿き手による差がここまで現れる素材は他にないだろう。

つまり、この色落ちする事自体がジーンズ(デニム)の存在意義であり、意味そのものである。

色が落ちるという一見マイナスな事象に価値を見出し、その個体にしか見られないジーンズのが出来上がる。

こうしてつくられるマイデザイン(色落ち)だから皆んなが夢中になるわけである。

自身で穿き込みしているアーペーセーのジーンズも1000時間目に到達。

マイデザイン(色落ち)も表情豊かになっていく所。

さっそく確認していこう。

前回までの色落ち

【ジーンズの良い色落ちとは?】550時間目 アーペーセープチスタンダードデニム( a.p.c petitstanderd denim)
a.p.c ジーンズの色落ち アーペーセーのジーンズは色落ちが良い。 これは今までに多くの記事や情報、ブログの穿きこ...

【洗わずに穿けるか?】800時間目 アーペーセープチスタンダードデニムの色落ち(a.p.c petitstanderd denim)
ファーストウォッシュまでのジーンズの穿き込み デニムを自分好みの良い色落ちにするためには色々な穿き方がある。 その中...

アーペーセー ジーンズ 1000時間目の色落ち

現状と着用環境

ジーンズ:a.p.cプチスタンダード(プチスタ)

着用時間:1000時間

洗濯:未洗い(ノンウォッシュ)

着用環境:ロールアップ穿き・室内、室外半々

全体像

アーペーセーのジーンズの色落ち

順調に青くなってきている。

しかし、色落ちの進んだアーペーセーのデニムは先人たちの色落ちサンプルを見ればわかるのだがヴィンテージリーバイスに代表されるような「青々しい」方向には進まない。

もっと黒っぽいような緑っぽいような独特の色合いで落ちていく。

現状としてはまだまだリジットの濃紺がしっかり残っており、色の変化としては穏やかな所。

アーペーセーデニム 各部位の色落ち

正面ヒゲ

ジーンズのヒゲが無数に出ている

真っ直ぐに数本できているヒゲが特徴。

タイトなサイジングとプチスタンダード特有の股上の浅さからくるもの。

この箇所についてはしっかり時間をかけ穿き込む事でメリハリある色落ちに仕上がってくれるだろう。

膝裏(ハチノス)部

デニムのハチノス

膝裏のハチノス。

順調にクセが付き色落ちが進んできている。

ノリが自然に落ちて柔らかくなっている為、今後は未洗いで引っ張り濃淡ある色落ちに仕上げていきたい。

膝部

デニムの膝の色落ち

個人的には最も興味のある部位。

仕上がった際には円形に色落ちが進みそこから放射線状にシワがハチノスに繋がっていく。

この色落ちがとても美しい。

現段階ではまだ見えてきていない為しっかり進めていきたい。

裾部

普段は、厚めにワンロールやくしゃくしゃと捲り上げて穿いている。

その為、色落ちは進まない。

跡や折り返しによるダメージが付かない様気をつける。

股部

かなり擦れる部位。色落ちというより擦れ。今の所穴があくほどではないが、不自然にダメージが付かないように注意。

バックポケット

ジーンズバックポケットの色落ち

臀部、シワの部分、ポケット角を中心に少しづつアタってきている。以前のジーンズで財布をいれたまま気にせず穿いて穴が開いた経験がある為、今回は極力ポケットに物は入れない。入れていても座る時には取り出す様にしている。

座りも多い為、嫌でも色落ちが進む箇所。

以上、アーペーセー プチスタンダードジーンズ1000時間目の色落ち。

ようやく青みが増してきて、シワがしっかり固定された印象。

ジーンズの深いハチノス。メリハリに期待する

区切りとして洗いをかけても良いタイミングなのだろう。

しかしヒゲとハチノスのメリハリの為もう少し引っ張りたい。

いや、できる限り引っ張りたい。

ジーンズのマイデザイン(色落ち)は始まったばかり。

色落ちには意味がある。

続きはこちら 

【ジーンズの裾上げと色落ち】1300時間目アーペーセープチスタンダードデニム(a.p.c petitstanderd denim)
パンツ(ボトムス)の裾上げとは? 裾上げとは? パンツの裾を切って調整し適正な箇所に仕上げる事。丈詰めとも呼ばれ...

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!