【服の数を増やさない】自然な着まわしの方法

着まわしの考え方

着まわし : 服やパンツの組み合わせを変える事で装飾品を異なる状態に見せる事。近年の節約志向に押されファッション業界でもその一環として使われるようになった。

少ない服で多様な着こなしを表現する。昨今のお洒落をする上で重要な意味を持つ。

自分の場合、お洒落は好きだが、持っている服の数は極端に少ない。ひとつの服を購入したら、出来る限り着まわしたいと考えているから。

コストの面からも使わない服はいらないし、勿体無い。気に入っている服のみを所有していれば、何度も着たくなる。色々な服に合わせ着こなすこともできる。だから、ワンシーズンに一度着るか着ないかの服は持っていない。

実は自然に着まわしている

例えば、デニム好きの方に多いのだが、そのジーンズが好きすぎて制服のように毎日そればかり穿いている人がいる。すると、そのデニムを引き立てるため、それに合うトップスや靴を選んでいく。

そのパターンはスニーカーであり、ブーツであり革靴。トップスは、ジャケットでありブルゾンでもある。ある日はブルゾンにスニーカーを合わせ、別の日はジャケットにスニーカーを合わせる。そして、また別の日はブルゾンに革靴を合わせる。

ボトムスは変えずにその他のみを変えて着こなす。これがワンボトムの着まわし。

実はこうして皆、自然に着まわしをしている。着まわしを上手にキメるには服の数を増やさずコーディネートを増やす事が重要。数が増えるほど、着れない服も増える為これが着まわしから遠ざける。それを避けるには

「服単体がいくら良くてもコーディネートのイメージができないもの買わない」

単体で格好良い服を見るととても魅力的で欲しくなる。しかし、手持ちの服に合わない場合やその服のコーディネートが全くわからない場合、着こなす事は出来ないし何を着てもキマらない。着ない服が増えていくだけなのだ。

小物すらも使わない考え方

【アクセサリーはいらない】小物を使わずにおしゃれに見せる方法
小物を使えばお洒落になる? 「小物を使ってお洒落に」 「小物をアクセントに」 「小物で格上げ」 多くの雑誌や...

流行を追いすぎるとワンコーディネートしかできない服が増えやすい。デザインが効いたトップスにそれに合うデザインのボトム。「2、3年後はもう着てない。この感じが苦手だ。ショップのマネキンにはなりたくない。

流行に振り回されない考え方

【流行に乗らない】流行の服と上手に付き合う方法について
ファッションにおける流行とは? あらゆるショップやECサイトをひとたび覗いて見よう。そこには流行に溢れている。 ...

こうして定番服が欲しくなる

定番のものにはプレーンなデザインのものも多い。長く着る事ができ、服にはよっては「一生もの」も見つける事が出来る。

シンプルの見せ方

【シンプルなおしゃれとは?】シンプルコーディネートに必要な要素
シンプルなおしゃれとは? さりげなく無駄がなく洗練されており、服でシンプルを体現できている状態。 これが自分...

注意。全ての定番品がシンプルではないという事実

【定番とは?】ファッションの定番アイテムがシンプルであるという誤解
定番とは? ● 安定した需要があり流行に左右されない定番商品 ● いつどこにでもありだれもがするような事柄やありふれ...

流行とは関係ないベーシックな服、そういうモノをしっかり選び、長く着続けていきたい。

ベーシックを厳選し揃える。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!