sponsored link

【デニムジャケットの着こなし】ジージャンとコーディネート考察

デニムジャケットは定番服

デニムジャケット(ジージャン)は定番服である。

 

外に出れば皆んな多用な着こなしでデニムジャケットを着こなしている。季節的にも真夏・真冬を除きほぼオールシーズンで着用可能。

 

ジージャンは老若男女問わず着用され、テーラードジャケットやマウンテンパーカ、ナイロンジャケットなどライトアウターの中でも代表的なアイテム。一時的な流行とは関係なく着られている。

 

 

(アーペーセー) A.P.C. メンズ アウター ジャケット New Raw Denim Jacket [並行輸入品]
APC(アーペーセー)

 

今回は定番的に皆んなに着られているデニムジャケットの着こなしとコーディネートについて考えていきたい。

 

ジージャンの色落ちの考察はこちら

【ジージャンの色落ち】A.P.C(アーペーセー)デニムジャケット3000時間経過のエイジングと経年変化について
ジージャン(デニムジャケット)は格好良い。 短い丈がもたらす独特なシルエットとワーク然とした無骨なディテール。つくられた時代背景や歴史についても実に興味深いアイテムである。 そんなジージャンであるが、最大の魅力といえば、やはり色...

 

 

デニムジャケット(ジージャン)の着こなしは難しい?

デニムジャケットは非常にカジュアルなアイテムである。元々は労働着(ワークウェア)であるため当然といえば当然。

 

ジージャンはこの雰囲気とショート丈やデザインのクセの強さなどが相まって「着こなしが難しい」服の代表と言われている。

 

本当は難しいデニムの着こなしについて

【ジーンズの着こなし】「デニムは何にでも合う」は本当か?
「デニム(ジーンズ)は何にでも合う」 よく使われているフレーズ。 お洒落をするにあたりジーンズが万能という意味で使われている。 しかし本当にそうなのだろうか? 今回は何にでも合うと呼ばれているジーンズの着こなしについて。...

 

そもそもデニム自体が実は個性的な素材でありディテールも含め着こなし(コーディネート)が簡単ではない。

 

ではジージャンはどのように着こなしていけば良いだろう?

 

 

 

コーディネートはボトムス(パンツ)から

デニムジャケットの着こなしにおいてボトムス(パンツ)のセレクトが大きく全体に影響を与える。

 

逆にここさえキマればおのずと全体のバランスが整えられる。

 

まずは汎用性がありよく使われるダークトーンのスリムパンツ(スキニー等)の着こなしについて。

 

細身のボトムスはとにかく全体のシルエットがつくりやすい。ダークトーンのボトムスはもともとデニムジャケット(ジージャン)と相性が良くリジットも色落ちが進んだタイプものどちらでも組み合わせる事が可能。

 

出典:pinterest

 

次はスラックスを使用した着こなし。ジージャンとスラックスは一見相反する雰囲気をもつアイテム。

 

しかしこれが実に相性が良い。ラフでカジュアルなデニムジャケットとドレッシーな要素のスラックスは互いのバランスを取り合ってくれる。

 

出典:pinterest

 

非常にベーシックなチノパンとのコーディネート。しかしカジュアル全開な組み合わせでもある為バランスに注意が必要。シルエットを細身に絞ってキレイな雰囲気でセレクトするか逆にアメカジに振り切るのも良いだろう。

 

出典:wear

 

定番的な組み合わせから進めていく。

 

 

ジージャンのインナーの使い方

全体のバランスを整えるのがボトムス(パンツ)の役割ならばジージャンのインナーは全体の飾り付けの役目を担っている。

 

例えば、ダークトーンのパンツと靴を選んで着こなすのであればインナーは明度の高いものにする。この場合使いやすいのは白Tシャツ。

 

デニムジャケット(ジージャン)のインナーに白Tシャツを使う

 

ダークトーンの中に明るいTシャツを挿す事で軽さを出している。

 

デニムセットアップの考察はこちら

【デニムセットアップと着こなし】上下デニムがお洒落(おしゃれ)に見える人の共通点
上下デニムの組み合わせであるデニムのセットアップ。 キマればすこぶる格好よく、かといって着こなしは非常に難しい。 今回はデニムセットアップとその着こなしについて。確認していく事にしよう。 デニムセットアップとは...

 

もしここでインナーも暗い色で合わせてしまうと全体がぼんやりと見える上、非常に「重い」コーディネートになる。

 

注意としてはデニムジャケットが濃色(リジット)である場合なお軽さや抜けの出し方に注意が必要。

 

インナーやソックスを白をはじめとする明るい色で選んだり腕まくりやパンツのロールアップを取り入れ軽さを出していくのも有効。

 

原色の赤をはじめとするビビットなインナー使えば全体はそのイメージで覆う事ができるだろう。

 

このようにインナーで着こなしの飾り付けを行う。

 

 

ジージャンとスニーカーの着こなし

ジージャンコーディネートにおけるスニーカー。

 

それは全体の方向性を決めるもの。スポーティに振れば軽快にすっきりスマートなシンプルスニーカーを選べばキレイな方向にもっていける。

 

いっそスニーカーからコーディネートを組んでいく方法もある。例えば中間色より明るい色のスニーカーを組み合わせ。

 

スニーカーを主役にしていく着こなし。デニムジャケットとボトムス(パンツ)は同じトーンでまとめインナーはスニーカーとリンクさせグレーで挿す。

 

【デニムジャケットの着こなしと考察】ジージャンのコーディネートについて

 

靴下は白で軽さを。(仮に暗い色の靴下を選んだ場合は重く見える)

 

白スニーカーからはじめる組み合わせ。

 

キレイなバランスをつくる為細身のチノかウールパンツ(スラックス)。

 

出典:pinterest

 

しつこいようだがインナーを白カットソーにしてスニーカーにリンクさせている。

 

デニムに合うスニーカーについてはこちら

【デニムに合うスニーカー】ジーンズとスニーカーの相性とローテクの種類
「ジーンズは何にでも合う」 よく耳にする定番フレーズである。 確かに、カジュアルパンツの代表でもあるジーンズは色々な場面で使われ、スポーティからドレス感のつよいものにまで幅広く組み合わせる事ができる。 そんなジーンズと...

 

ジージャンの着こなしにおけるボトムス・インナー・スニーカーの色とテイスト。

 

細かくリンクさせていくのが正攻法。

 
 
 
 
タイトルとURLをコピーしました