【オールブラックのGショック】DW-D5600P-1FJについて

Gショックの選び方

Gショックには様々なモデルがある。

ここまで数があると選ぶのも一苦労。ある程度条件を絞り決めていくことが必要になる。

形→  丸か四角か

色→ カラーかモノトーンか

スペック→ 機能面でどこまで必要か

モデル指定であれば楽に決めることもできるだろう。

スピードモデルのシンプルさが良いとか、フロッグマンのスペックが良いとか。

しかしそうでなければ自身の好みや合わせ方で選ぶべきG-SHOCKは変わる。

DW-D5600P-1FJを選んだ理由

そんな中で自分が選んだのはこちら。

オールブラックのGショック

DW-D5600P-1FJ。

以前の記事でも取り上げた初代やスピードモデルの遺伝子を受け継ぐ5600系のひとつ。

【G-SHOCKの種類と歴史】四角型から始まったジーショック
G-SHOCK。その名前すら知らないという人はなかなかいない。 それほどに有名、それほどに定番な時計。 ...

D5600を選んだ理由については下記のとおり。

スクエア型

 王道の四角型フォルム。

【オールブラックのGショック】DW-D5600P-1FJについて

プレーンなかたちはコーディネートもつくりやすい。派手でゴツゴツした形状が多いGショックの中では非常にシンプルな部類。

キレイなスタイリングの中に合わせてもギリギリ浮かない絶妙なフォルムですっきりと使う事ができる。

オールブラック

 ケースや文字盤(パネル)が黒ベースのモデルは他にもあるが文字盤の装飾や文字も黒白で統一されているモデルは多くない。

オールブラック(真っ黒)のG-SHOCK

特徴

ソーラー搭載モデルにはこだわっておらず純粋にオールブラックで四角型のデザインで選んだことになる。

ちなみにプロテクターがつくモデルだが、個人的にはストリート色が強く見える為外して着用している。

Gショックのプロテクター

もちろん好みによってはつけたままでも良い。細かいディテールで見え方は変わる。

綺麗なバックライトは真っ黒ボディにより映える。 

Gショックのバックライト点灯時

裏蓋にはG-SHOCKが誇る耐衝撃構造であるSHOCK RESIST(ショックレジスト)の文字の刻印。

タフな機能に甘え、気にせず適当に扱えるのも魅力。その辺に落とした所でもちろんビクともしない。

SHOCK RESIST(ショックレジスト)はGショックの耐衝撃機能

D5600のコーディネート

このデザイン。単体でももちろん格好良いのだが実は着こなしの幅も広い。

スクエアタイプ、オールブラックで選んだことにより服との馴染みが良い。

G-SHOCK(ジーショック)の着こなし

普通のざっくりパーカにスラックス、白スニーカーのベーシックなコーディネート。クセがない服の組み合わせにゴツゴツフォルムのG-SHOCKを合わせる。

こういったシンプルなアイテムに組み合わせる着こなしこそGショックの真骨頂だと考えている。

TシャツにもGショック

【Tシャツに合う時計】半袖コーディネートと時計について
Tシャツと時計 Tシャツ。 夏になればほとんどの方がメインで使うようになってくるアイテム。 Tシャ...

定番のバスクシャツにGショック。

非常に相性の良い組み合わせ。

Gショックの着こなし

8分から9分丈のバスクシャツの腕元には時計がピタリと収まる。程よいゴツさがちょうど良い。

【ボーダーの着こなし】縞(しま)柄カットソーのコーディネートについて
ボーダーのカットソー ボーダー:縁を意味する。上着であればラインや帯状に縁を強調した柄のことを指す。 よく使われ...

このように腕時計をプラスオンするだけでテイストを加えていく着こなし。シンプルな組み合わせだからこそジーショックのデザインが光る。

オールブラックのシンプルG。

機能とベーシックをあわせ持つ優秀時計。

スポンサーリンク

◾️Thank you for sharing !!